渡辺真央BLOG【トリートメントについて】

こんにちは(^^)
広島県廿日市にある美容室LeReve(ラレヴ)です。
お客様、スタッフと共に”夢”見ていく美容院です♪

WRITTEN BY  渡辺真央


こんにちは。アシスタントの渡辺真央です。

 

前回はシャンプーについてお話をさせて頂いたので
今回はトリートメントについてお話させて頂こうと思います。

リンス・コンディショナー・トリートメント

 

まず、皆さんはリンスとコンディショナーとトリートメントの違いをご存じですか?

 

リンス…髪の毛の表面に膜をはる
コンディショナー…リンスとトリートメントの中間
トリートメント…髪の毛の内部に栄養を入れて修復しつつ表面に膜をはる

 

という定義になっています。

 

ただコンディショナーに関しては

本当はリンスと同じという一説もあります。

 

市販の商品でリンスが主流だったのが
リンスはよくないという事が知られるようになったため、
コンディショナーというカテゴリーを作ったというのがその一説です。

 

では、何故リンスはよくないのか?

 

前回シャンプーについてお話した時にも書かせて頂きましたが、
ラウレル硫酸ナトリウム等の洗浄力の強いシャンプーで髪をダメージさせて、

髪の毛の中がスカスカな状態でリンスをすると
膜だけをはるので中はダメージしたままです。

 

リンスのほとんどは油分なので、当然手触りはとてもよくなります。

 

ですが、中がダメージしたままだと
パサつき、広がり、カラーの退色、パーマダウン、操作性の悪さなど
普段のお手入れがとても大変になってしまいます。

 

つまり、髪に膜をはるだけではだめなのです。
さらに、油分が多いと頭皮の毛穴を防いでしまったりして
ベタつき、ニオイ、髪の毛が細くなる、薄毛等の原因になりやすいです。
ただし、膜をはることが悪いわけではありません。

膜をはる”だけ”ということがよくないのです。

 

膜をはることには
髪の毛を紫外線などの外敵から守ったり、
キューティクルの代わりとして中の栄養が流れ出るのを防いでくれたり、
手触りをよくしたりという素敵なメリットがあります。

 

シリコン

その役割を担っているものの代表的なものが皆さんがよく聞くシリコンです。

 

実はシリコンには2種類あります。

水溶性シリコンと重合性シリコンです。

 

水溶性シリコンとは水で流せば流れ落ちるシリコンのことです。
重合性シリコンとは字の如く、重なりあうシリコン。

つまり、水で流しても流れ落ちにくく
リンスやコンディショナーをするたびにどんどん蓄積していきます。

 

中がダメージしているのにどんどん表面だけコーティングしても髪の毛はキレイにならないのです。

 

それだけではなく、カラーの色が入りにくくなったりパーマがかかりにくくなります。

昔ノンシリコンシャンプーが流行ったのは美容師さんがカラーやパーマをするときに毎日のリンスで蓄積したシリコンが邪魔をしてお客様の希望通りのヘアスタイルをつくりにくかったため、という説もあります。

 

ただ、シリコンの全てが悪い訳ではありません。

 

 

上記したように、シリコンは髪の毛を外敵から守ってくれますし、
水溶性シリコンであれば毎日頭を洗う度にリセットしてくれます。
つまり、悪いのは重合性シリコンです。

 

良いシリコン・悪いシリコンの見分け

 

ただ、使われているシリコンが
重合性シリコンか水溶性シリコンかは表記されていません。

 

シリコンの成分もいろいろあるためメーカーに聞くしかありません。

 

トリートメントだからといって確実に水溶性シリコンとも限らないと思います。
では、何故私たちがラレヴでトリートメントも自信をもって勧められるかというと、
ディーラーさんやメーカーさんに来て頂いて勉強を何度も繰り返ししているからです。

 

 

私たち美容師という髪の毛のプロ目線でより良いものを厳選し、
繰り返し勉強をすることで常に新しい情報と正しい情報を更新しています。

なので本音をいうとリンスとコンディショナーは使ってもらいたくありません。
シャンプーと違ってめちゃくちゃ悪いとはいいません。
ただ、よくもないです。確実に…

 

出来ればトリートメントだけを使って頂きたいです。

 

学生時代の友人に会ったときに、

”いつもはリンスを使っていてたまにトリートメントでケアをしてる”

という声や

”毎日リンスをしてトリートメントもしている”

 

といった声を聞きます。
はっきりと言ってしまえばトリートメントの意味がありません。

 

リンスやコンディショナーよりも

 

”ちょっといいトリートメント”を使ってケアをしているはずなのに、
リンスやコンディショナーの分厚い膜に阻まれてトリートメント成分が全く浸透しません。

両方を買い揃えているお金がもったいないです。

 

であれば美容室でいいトリートメントを買って使ったほうが確実に髪にはいいです。

 

シャンプーの役割

 

ですが、1番大事なのはシャンプーです。
ここまで言っておいて!という感じですが(笑)

 

何故ならリンスやコンディショナーは髪の毛をダメージはさせませんが、よくないシャンプーは髪の毛をダメージさせます。

いくらトリートメントを使って頂いても、
お店でトリートメントをして頂いてもよくないシャンプーを使っていては意味がありません。

なので、もしも髪の毛をキレイにしたいと思われたのなら、
まずはシャンプーを良いものを使って下さい。

 

それからトリートメントを使って頂けると一番いいと思います。

 

そして、シャンプーを変えられたら最低2~3ヶ月は使い続けて下さい。

人はお肌もそうですがターンオーバーというものがあります。
新しい皮膚ができてから古い角質としてはがれ落ちるまでが
20歳でだいたい28日と言われています。

 

そして、年齢を重ねるごとにその期間は伸びていきます。
なのでお化粧水なども全部そうなのですが最低でも1ヶ月以上使わないと本来の効果は感じられません。

 

トリートメントの話から少し広がってしまいましたが
皆さんが自分に合った本当にいいものが見つかるきっかけになればいいなと思います。

 

これからもより情報量を増やしていけるよう日々勉強していこうと思っています。
そして皆さんにより正しい情報をお伝えしていければと思います。

 

皆さんもご自身が信頼できるちゃんと勉強をしている美容師さんに聞いてください。
美容師さんそれぞれが勉強して自分なりの考えを持っておられると思います。
だからこそ、色々な意見を聞くことができるのでその中で自分が納得出来たことを実践してみられたらいいかなと思います。

 

 


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
「お客様、スタッフと共に”夢”見ていく美容院」
広島県廿日市にある美容室LeReve(ラレヴ)でした。

一覧へ戻る